歯とお口のトラブル歯みがき講座

歯みがき講座 基本編

その1歯ブラシの選び方

各部の名前

まずは、いつも歯ブラシをよくみてみましょう。
歯ブラシの毛は開いてしまっていませんか?
にぎりやすく、みがきやすいものを選んでいますか?

その2歯ブラシの持ち方

持ち方は部位にあわせて自由に

では、歯ブラシを持ってみましょう。
あなたの持ちやすいやり方でかまいませんが、力が入りすぎないように軽く持ちましょう。 エンピツを使うように歯ブラシを持つと、よけいな力も入りすぎず、小回りもきくのでオススメです。

その3歯ブラシのあて方

歯ブラシを持ったら、早速歯に当ててみましょう。歯の汚れを確実に落とすには、ブラシの毛先を歯のカーブにあわせて、軽いタッチで直角に当てることが基本です。歯ブラシ全体では届きにくい部分も毛先をうまく使い分けることにより、すみずみまできれいにみがくことができます。

おすすめケアグッズ
スタンダードM/SスタンダードM/S
コンパクト M/S/Uコンパクト M/S/U
スタンダード スリム M/Sスタンダード スリム M/S
コンパクト スリム M/Sコンパクト スリム M/S