歯とお口のトラブル知覚過敏

知覚過敏とは

むし歯ではないのに歯が痛むことがあります。その多くは知覚過敏です。これは歯の神経である歯髄が軽い炎症を起こしており、刺激が加わると短時間に激しい痛みが起こることをいいます。歯の表面のエナメル質が何らかの原因で脱落喪失して象牙質が露出した状況が出現すると知覚過敏が起き易くなります。いわば、いままで被っていたコートが外れて刺激が伝わり易くなったと言えます。表面的には肉眼では変化が解りませんのでむし歯でないのに痛みが発生することになります。象牙質の表面は象牙細管が顔を出しており刺激が伝わりやすい状況です。治療としては温熱刺激、化学的刺激、物理的刺激を避けること、歯の表面を清潔にすること、さらには歯の表面を無機塩等でコートする方法が考えられます。また、レーザーによる治療法もあります。

おすすめケアグッズ
シュミテクトシュミテクト
MIペーストMIペースト