歯とお口のトラブルむせやすい・飲み込みにくい

むせたり飲み込みにくくなる原因

最近、食事の時に飲み込みにくくなった、むせやすくなった、食べこぼしをするようになったとお感じになられたことはありませんか。お口から咽頭部(のど)にかけての感覚や運動機能が低下しているからかもしれません。お口から「食べる」動作は実はとても複雑な運動のつながりです。お口の中に入った食物は歯によって飲み込みやすい大きさに調節されるだけでなく、唾液と混ぜ合わされて飲みこみやすい形状(食塊)にされます。かみ砕かれてバラバラになっただけでは飲み込みにくいのです。飲み込みやすい形状にされた食物は喉に向かいます。ここで厄介なのは、お口から先には 胃に向かう食道と肺に向かう気管へのふたつの入り口があるということ。呼吸しているときはお口から肺に向かって空気が流れていきますが、食べ物を食道に送り込む一瞬だけ咽頭蓋とよばれる蓋が気管への流れを閉じることで、食物が気管に行ってしまうのを防いでいます。

噛んだり飲み込むための運動機能が高齢になって低下したり、口腔がんなどによって、お口の機能が制限されてしまうと、このような運動がスムーズに行えなくなり、むせる、飲み込みにくいなどのトラブルを抱えやすくなります。このようなトラブルを抱えた時の受診先の一つが歯科医院です。食べるための機能を客観的に評価できる検査法が充実してきており、多くの歯科医院で検査をうけることができるようになりました。歯を何本か失ったままにしている、顎が痛い、入れ歯の具合が悪いなどの理由から噛むことがおっくうになるとお口まわりの筋肉や感覚が衰え、だ液の分泌も少なくなるそうです。このようなことがきっかけで食事の際のトラブルにつながっているかもしれません。

【関連記事】お口からわかる老化のサイン

嚥下のしくみ