Whitening ホワイトニングで魅力的な白い歯に!

歯に色がつく理由

コーヒー、お茶、タバコ等による変色

色素が歯の内部まで取り込まれることにより、歯が黄色く見えてしまいます。
色素が歯の内部まで取り込まれて歯が黄色くなる

加齢による変色

年齢を重ねるにしたがって、人の歯は自然と黄色く変色していきます。
年齢を重ねるにしたがい自然と黄色く変色する

全身疾患に由来する変色

胎児の時期に、母親が服用した抗生物質や過剰に摂取したフッ素などの影響により歯が変色してしまうことがあります。

これらの要因により歯が変色してしまった場合には
「ホワイトニング」で改善することができます。

※変色の程度によってはホワイトニングの効果が期待できない場合がありますので、歯科医師へご相談ください。

誰でも気にしている「歯の色」