歯とお口のトラブルむせやすい・飲み込みにくい

お口からわかる老化のサイン

最近 食べもの 飲み物が飲み込みにくくなったとお感じになられたことはありませんか?

□ 半年前に比べて硬いものが食べにくくなった
□ お茶や汁物等でむせることがある
□ 口の渇きが気になる

2つ以上あてはまったら 口腔機能低下症 かもしれません。
歯医者さんで噛む能力と舌の力などの測定をしてみてはいかがでしょうか。
口腔機能の低下は老化が進み始めている兆候のひとつなのです。

できれば老化による体の衰えをおさえ、いつまでも健康な生活を続けたいもの。 高齢になると心や体の活力(筋力、認知機能、社会とのつながり)が低下しがちです。この状態はフレイル「虚弱」と呼ばれます。フレイルは筋力などが低下しはじめるより前に、

・周りの人との交流がおっくうになる「社会参加の減少」
・むせる 食べこぼしがふえたなどの「お口から食べる機能の衰え」から始まるそうです。

このうち「お口から食べる機能の衰え」を「オーラルフレイル」と呼びます。

口腔機能低下症かどうかの診断とともに、お口の機能に対する対策をすることでオーラルフレイル予防をすることが老化を進めないためのカギとなってきました。
お口まわりのトラブルが活力の低下、栄養低下を招き 老化を進めるきっかけになっているかもしれません。お口の機能を見直してみましょう。

嚥下のしくみ